20年ぶりの円安水準 円安が「経営にマイナス」は約4割 「円安に関するアンケート」調査

4月19日の外国為替市場は一時、2002年5月以来の1ドル=127円をつけた。19年11カ月ぶりの円安水準で、影響が広がっている。東京商工リサーチ調べによる上場主要メーカーの2022年3月期の期初想定為替レートは、最安値が1ドル=110円(平均1ドル=105.5円)で、期初に想定できない勢いで円安が進行している。 東…