国内取引信用保険について

  1. 取引信用保険とは

国内取引信用保険について

国内取引信用保険は取引先が国内か海外かだけかの違いで、基本的なスキーム、考え方は変わりません。国内取引信用保険は世界3大取引信用保険会社である、ユーラヘルメス信用保険会社、コファス・ジャパン信用保険会社、アトラディウス信用保険会社のほか、主要な日本損害保険会社でも扱ってます。一部保険代理店や一部商工会議所で国内・海外の取引信用保険を扱ってます。

取引信用保険ではないのですが、伊藤忠商事グループで東証1部に上場しているイー・ギャランティ株式会社[eGuarantee,Inc]という会社が、会社単独で信用リスクを保有するのでなく、複数の金融機関等にリスクを分散し、信用リスクの引き受けを行っている会社があります。売掛債権を幅広く保証するサービスを提供しています。

また、商社である三井物産グループに属する三井物産クレジットコンサルティング株式会社は、国内外の取引信用保険会社、ファクタリング会社、信用調査会社と業務提携し、幅広い与信管理サービスを提供しています。

更に、世界的に再保険で有名なスイス・リー・グループに所属し、東京と大阪にオフィスを構えるスイス損害保険会社(www.corporatesolutions.swissre.com/japan)では、民間取引先の不払いに対するトレード・クレジット保険、それにソブリン債務者の不払いに対するポリティカルリスク保険等を販売しています。

最近与信リスクに対する関心が高まっており、それに呼応するようにいろいろな会社が信用調査レポート、取引信用保険、ファクタリング、与信管理サービス等を提供するようになってきました。自分の会社にあった商品を選択し、利用すると良いでしょう。

関連記事

貿易保険について

日本貿易保険株式会社日本貿易保険 の貿易保険について日本貿易保険は日本の輸出信用機関(ECA)にあたり、2017年4月1日に独立行政法人を改組し、株式会社日本貿…

  • 191 view