大栄鋼管(株) 2024/4/30 東京地裁から破産開始決定

 大栄鋼管(株)(江東区)は4月30日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には倉持政勝弁護士(倉持法律事務所、中央区日本橋茅場町3-13-3)が選任された。
負債総額は約20億円。

管材・ポンプのメーカー、商社から仕入れた鋼管管材や継手バルブ、空調機器の販売を手がけていた。しかし、廉価による販売で、十分な採算が確保できず、赤字決算を散発していた。
2024年4月には1回目の資金ショートが表面化。動向に注目が集まるなか、資金繰りが限界に達し、今回の措置となった。

※大栄鋼管(株)(TSR企業コード:291078206、法人番号:3010601004024、江東区深川1-7-9、設立1957(昭和32)年5月、資本金1000万円)

出典:東京商工リサーチ

\不払いのリスク回避の事前対策を/

売掛金の損失リスクの回避の対策をしていますか?

取引信用保険の活用事例を無料プレゼント >>

 

関連記事

旭金属熱錬株式会社

2022/08/31(水)旭金属熱錬株式会社パチンコホールの運営新型コロナウイルス関連倒産自己破産申請へTDB企業コード:5802…

  • 51 view