6月の「円安」関連倒産 3件 2023年上半期(1-6月)は27件、前年1年間を超える

~ 【6月速報】 「為替」関連倒産(6月30日現在) ~

6月30日、東京外国為替市場で円が7カ月ぶりに1ドル=145円台に下落した。また、ユーロも約15年ぶりに1ユーロ=157円台に値下がりし、円安が再び強まってきている。
2023年6月の「円安」関連倒産は3件(前年同月ゼロ)発生した。2023年上半期(1-6月)は27件に達し、すでに2022年1年間の24件を3件上回り、円安の影響が広がっている。

2023年6月の「円安」関連倒産は、卸売業2件、酪農業1件だった。円安に伴う資材や原材料価格の上昇に加え、酪農業では輸入飼料の価格高騰で採算性が悪化し、資金繰りに行き詰まるケースが増えている。
昨年から原材料や資材に加え、水道や電気、ガスなど光熱費も大幅な上昇が続いている。こうしたなか、価格転嫁が進まない企業では売上が伸びる分だけコストがアップし、利益率の悪化で資金繰りが厳しさを増している。円安は輸入価格の上昇を招き、物価上昇に歯止めをかけることが難しい。価格転嫁が容易でない中小・零細企業を中心に、円安が企業倒産を押し上げる構図が強まっている。

円安関連倒産月次推移

出典:東京商工リサーチ

\不払いのリスク回避の事前対策を/

売掛金の損失リスクの回避の対策をしていますか?

取引信用保険の活用事例を無料プレゼント >>

 

関連記事

日本企業の「ロシア関連倒産」

日本企業の「ロシア関連倒産リスク」上昇、帝国データバンクが調査結果を解説5/11(水) 6:01配信ロシアによるウクライナ侵攻から2カ月が経過した。戦場となっ…

  • 65 view