株式会社UNITHINXが破産の開始決定を受ける

  1. 倒産情報

はじめに

株式会社UNITHINXは令和3年7月29日に東京地裁から破産開始の決定を受けました。設立は品川区西五反田7-22-17、設立は2004年12月で資本金は5000万円。破産管財人は本多総合法律事務所で負債はおよそ17億円となっています。

UNITHINXとは

株式会社UNITHINXはインドメーカーのビールやウイスキーなどを日本に輸入して販売しています。現地のメーカーなどと総代理店を結ぶなどを行って、輸入をしたアルコール飲料を酒類の卸売業者や小売店さらにインド料理店などに販売していました。婦人向けの衣料の販売を行うなど、近年急速に事業を拡大して2020年4月期には年売上高11億9300万円を上げていました。

コロナウイルスの影響で

ただその後は新型コロナウイルスの感染拡大などによる飲食店の休業や営業の時短措置などで主力のアルコール飲料の販売が急減するなど状況が悪化します。さらにこの間も複数の大手インターネットの通販サイトなどで運営を行う自社ショップを強化するなどの方法で事業の継続を図るも、売り上げや融資などの資金が確保できず、そこを支え切れなくなって、2021年に入って間もなく事業を停止。今回の措置に至りました。

参考資料・出典
東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20210802_01.html

関連記事

渡辺自動車が負債30億円で破産

はじめに株式会社渡辺自動車は2020年8月31日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請しました。その半年後の2021年2月15日は名古屋地裁からの破産手続きの開始…

  • 250 view