株式会社グランドホテルが破産開始の決定を受ける

  1. 倒産情報

はじめに

株式会社グランドホテルは2021年8月20日に宇都宮地裁から破産開始の決定を受けました。所在地は宇都宮市西原町142、破産管財人は蓬田勝美法律事務所で所在地は栃木県宇都宮市小幡2-2-11。負債総額は約10億8000万円。

グランドホテルとは

株式会社グランドホテルは株式会社陽南荘宇都宮グランドホテルが前身。グランドホテルには皇族や海外要人の来館実績があって、宇都宮の迎賓館的な存在として相応の知名度を有していました。バブル崩壊後の営業環境の悪化で稼働率が低下。ピーク時に年間400件行われた結婚式も年間100件を下回りました。過大な金融債務が重荷となって解決策として2016年1月にホテル敷地および建物を第三者に売却し、その売却代金を原資に金融債務を完済。同社のホテル事業継承を目的に当社を設立して、不動産を借り受ける形でホテルの運営を継続しました。2016年10月には施設を改装、再出発を果たしました。

ホテルを利用した宴会や会議サービスを主力、地元の経済団体などが定例会を開催。2019年8月期にはリニューアル後から推進してきました過去の顧客の掘り起こしや大型案件等の効果で売上高は8億円に増加していました。「新型コロナウイルス」感染拡大に伴って、2020年4月以降は施設稼働率が大幅に落ち込んで、2020年8月期は5億6000万円の売上高に対して、約8000万円の赤字を計上。その後もコロナ禍の影響を払拭することができず、休館と営業を繰り返す状態にあったが、2021年7月31日付でホテルの営業を終了、動向が注目されるなか、今回の措置になりました。

参考資料・出典
東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20210831_03.html

関連記事