株式会社東京商事が令和で最大規模の倒産に

  1. 倒産情報

はじめに

株式会社東京商事(住所は中央区日本橋堀留町1-8-12で資本金2000万円)は令和3年4月22日に東京地裁から特別清算開始命令を受けました。申請代理人は和田倉門法律事務所(千代田区大手町1-5-1)

東京商事とは

東京商事は1973年(昭和48年)3月に設立したホテルやレジャー施設の運営業者となっています。主要な観光地や都市圏において、ホテル・遊園地・結婚式場・不動産業者・ゴルフ場などを運営する企業グループの中核事業として、グループ企業の中核事業として、グループ企業のファイナンスや資金調達の窓口としての役割を担うほかに、自社でも「ホテルグリーンプラザ軽井沢」「軽井沢おもちゃ王国」などのホテルや遊園地を経営していました。1991年12月期には年売上高125億円を計上していました。

ホテル事業をグループ会社に移管したことから経営難に

ただ一部のホテル事業をグループ会社に移管したことなどが原因で、2005年3月期の年売上高は38億9000万円にまで減少。ピーク時の3割程度にまで落ち込みました。不動産の購入やグループ会社への貸付などに伴う膨大な金融債務に加えて、不良債権の処理などを行ったことで連続の欠損を余儀なくされて大幅な債務超過に転落しています。

この間に金融機関が断続的に債務を投資会社などに譲渡するなどの近年グループ会社の再編を進めていく中で、2018年3月30日に会社分割によって新設された株式会社日本商事に事業を譲渡。2020年11月末の時点で株式会社東京商事は株主総会の決議によって事実上の解散をしていました。

負債額は1000億円超で令和最大

負債は2020年11月末の時点で1004億8300万円ほどとダイヤメット(新潟県新潟市)の負債577億9000万円。2020年12月の民事再生法による手続きを大幅に上回って令和で最大の負債額(令和3年4月末現在)になっています。

参考資料・出典
帝国データバンク:https://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4789.html

関連記事