ホームランソーラーパーク合同会社が破産開始の決定を受ける

  1. 倒産情報

はじめに

ホームランソーラーパーク合同会社は令和3年8月10日、東京地裁から破産手続き開始の決定を受けました。住所は東京都港区六本木3-15-5、破産管財人は河野・川村・曽我法律事務所、債権の届け出期間は9月14日まで、財産状況報告書会の期日は11月22日午後1時30分です。

ホームランソーラーパーク社

岡山県で太陽光発電事業事業者の事業を行っていました。2017年3月に岡山県津山市を開発予定地とする太陽光発電事業者として設立しました。同12月に経済産業省から電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関して特別措置法による再生可能エネルギー発電設備認定を受けたほかに、2019年12月には岡山県から林地の開発許可を受けて、開発予定地の地権者との間で太陽光発電事業の実施に関しての協定書を締結していました。

ただトラブルも

ただ2019年1月くらいから、この太陽光発電事業を会社の社員権と主張する会社側とホームランソーラーパーク社の親会社の株式会社ジーヴァエナジーとの間でトラブルが生じていました。この影響で支援先企業からの援助を受けて運営の正常化に向けて取り組むも紛争が長期化することで先行きの見通しが立たなくなって、7月12日には債権者から破産を申し立てられていました。

負債は35億円超

負債は債権者5名に対して35億8000万円程度となっています。ただこの数字が今後代わる可能性があるとのことです。

参考資料・出典
帝国データバンク:https://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4807.html

関連記事