東日本電力株式会社など7社 2021/11/24破産手続き開始決定

  1. 倒産情報

負債29億1079万円

電力小売り
5月に民事再生法の適用を申請した新電力関連会社パネイルの関係会社
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:023018884

※写真はイメージです。

「東京」 東日本電力(株)(渋谷区幡ヶ谷3-39-12)は、11月24日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は平山隆幸弁護士(新宿区新宿2-9-22、平山法律事務所、電話03-5363-7391)。債権届け出期間は12月22日まで。

 当社は、2016年(平成28年)5月に設立。新電力向けのサービスである電力需給管理システム「Panair Cloud」の提供を手がけていた(株)パネイル(TDB企業コード:777008079、中央区)の関係会社として電力の小売りを手がけていた。

 しかし、同社が今年5月に東京地裁へ民事再生法の適用を申請。当社についても動向が注目されていたなか、今回の措置となった。

 なお、(株)パネイルの関係会社で、電力小売りを手がけていた札幌電力(株)(TDB企業コード:861019001)、宮城電力(株)(TDB企業コード:104018651)、東海電力(株)(TDB企業コード:175017546)、西日本電力(株)(TDB企業コード:618016437)、広島電力(株)(TDB企業コード:524018480)、福岡電力(株)(TDB企業コード:104017439)も同様の措置となっている。

 負債は、2021年4月末時点で東日本電力(株)が約6億1333万円、札幌電力(株)が約3億4114万円、宮城電力(株)が約620万円、東海電力(株)が約16億7254万円、西日本電力(株)が約4610万円、広島電力(株)が約1528万円、福岡電力(株)が約2億1616万円、7社合計で約29億1079万円。

参考資料・出典
帝国データバンク:https://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4842.html

関連記事