12月の「円安」関連倒産は5件 2022年は5年ぶりの20件台に ~【12月速報】 「為替」関連倒産(12月29日現在) ~

 2022年12月の「円安」関連倒産は5件(前年同月1件)発生した。円安進行に伴い7月から6カ月連続で発生し、2022年(1-12月)の「円安」関連倒産は前年(6件)の3.8倍増の23件に達した。件数が20件を超えたのは、2017年(23件)以来、5年ぶり。

 2022年10月21日、外為市場は一時、1ドル=151円90銭台まで急落し、日本銀行の為替介入後も10月末は1ドル=148円01銭と円安が続いた。しかし、12月20日に日銀が長期金利の変動幅の上限を0.25%から0.5%に拡大を発表すると、一気に円高に振れ12月20日の円相場は1ドル=131円70銭に急騰した。
12月の「円安」関連倒産は、養鶏業、卸売業、小売業、飲食店経営と幅広い産業で発生した。
円安で飼料や原材料などの輸入価格が上昇し、仕入コスト上昇が資金繰りに悪影響を及ぼした。
2023年1月3日に一時、1ドル=129円50銭まで円高が進み、5日正午は1ドル=131円98~99銭で推移している。ただ、円高はすぐに物価やエネルギー価格の下落には繋がらず、今後も国内では物価高が続くとみられる。物価上昇は、価格転嫁が難しい中小企業の経営を圧迫することに加え、個人消費の低迷に拍車を掛ける可能性もあり、為替相場の推移に目が離せない。

円安

出典:東京商工リサーチ

\不払いのリスク回避の事前対策を/

取引先の企業信用レポートは日々更新されています。

最新の企業信用レポートを取得はこちらから >>

取引先との与信限度額ご存知ですか?

取引先与信限度額アドバイスはこちらから >>

 

関連記事

「ゾンビ企業」の属性分析

ゾンビ企業率の高い地域は「東北」 業種は「小売」~ 業歴30年以上が7割超 ~はじめにゾンビ企業は約16.5万社――前回(7月27日発表)の「ゾンビ企業」…

  • 12 view