イセ食品株式会社2022/11/25続報、更生手続き中の「森のたまご」のイセ食品グループ スポンサー決定

鶏卵大手イセ食品グループ
続報、更生手続き中の「森のたまご」のイセ食品グループ
スポンサー決定
TDB企業コード:270073572

イセ食品の「森のたまご」

「東京・富山ほか」 既報、会社更生手続き中のイセ食品(株)(資本金2000万円、千代田区有楽町2-10-1、更生管財人髙井章光氏)など鶏卵大手イセ食品グループは、11月25日、(株)SMBCキャピタル・パートナーズ(東京都千代田区丸の内1-1-2)とスポンサー契約を締結したことを発表した。

イセ食品(株)は、1971年(昭和46年)6月に設立。グループで養鶏場を運営し、育種から飼育、採卵、加工、配送まで鶏卵関連事業を手掛けていた。自社ブランド卵「森のたまご」、「伊勢の卵」などの鶏卵を大手スーパーマーケット向けに卸していたほか、液卵も取り扱い、2020年1月期の年売上高は約377億2290万円を計上していた。

しかし、3月11日に一部債権者と一部株主から東京地裁へ会社更生法の適用を申し立てられ、同月25日に更生手続き開始決定を受けていた。金融機関よりDIPファイナンスを受けながら、一般取引先に対しては従来の取引条件を維持して取引を継続することを前提に全額の弁済をするとして営業し、スポンサー選定を行っていた。

こうしたなか、今月4日に複数の候補者から最終意向表明を受け、本決定に至った。今後は、2023年5月頃に出資が実行される予定で、現在策定中の更生計画に従い、金融債務の弁済を実施、4年前後で更生手続きが終了する見込み。

なお、事業運営面、経営管理面では(株)経営共創基盤(TDB企業コード:989553472)がサポートする体制となっている。

また、更生手続き中のグループ会社であるイセ(株)(TDB企業コード:370004003、高岡市福岡町福岡新181)は、現在美術品などの資産管理会社となっているため、鶏卵事業の商流から外れており、今回のスポンサー支援の対象とはなっていない。

出典:帝国データバンク

\不払いのリスク回避の事前対策を/

取引先の企業信用レポートは日々更新されています。

最新の企業信用レポートを取得はこちらから >>

取引先との与信限度額ご存知ですか?

取引先与信限度額アドバイスはこちらから >>

 

関連記事

大興製紙株式会社の倒産情報

はじめに大興製紙株式会社は静岡の製紙業を行っています。新型コロナウイルスでの関連倒産で会社更生法の適用を申請しました。負債140億円超。申請代理人はときわ法律事…

  • 193 view