株式会社デジポケが破産開始の決定を受ける

  1. 倒産情報

はじめに

株式会社デジポケは令和3年6月22日に東京地裁に自己破産を申請、8月27日に破産手続き開始の決定を受けています。所在地は港区浜松町1-10-8、資本金は5000万円、破産管財人はアンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業、住所は千代田区大手町1-1-1。

株式会社デジポケとは

株式会社デジポケは東京を中心に活動をしている暗号資産ウオレット事業を行っていた業者で2016年5月に仮想通貨交換業を目的に設立しました。会員向けの暗号資産ウオレット事業の預かりサービスを手がけるも、2017年4月の改正資金決済法の施行で同9月30日で仮想通貨交換業を廃止しています。

2019年5月に再び資金決済法が改正、暗号資産の預かり事業においても金融庁の許認可が必要となるも、許認可取得の目途が立たない中で預り金の返還ができなくなったことで今回の措置となっています。

負債は債権者2000名に対して101億円程度となっています。今後変動する可能性があります。問い合わせ専用ダイヤルもあります。

参考資料・出典
帝国データバンク:https://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4818.html

関連記事