「ゾンビ企業」の属性分析

  1. 倒産情報

ゾンビ企業率の高い地域は「東北」 業種は「小売」
~ 業歴30年以上が7割超 ~

はじめに

ゾンビ企業は約16.5万社――前回(7月27日発表)の「ゾンビ企業」レポートでは、国際決済銀行(BIS)の定義に基づき、TDBの企業財務データベース「COSMOS1」からゾンビ企業1万2037社を抽出、ゾンビ企業率は11.3%、ゾンビ企業数は企業概要データベース「COSMOS2」によって全国16.5万社と推計した。今回、この1万2037社の属性について多角的に分析し、ゾンビ企業の実態を浮き彫りにした。

■生存企業は、『全国企業財務諸表分析統計 第64版』(帝国データバンク発行)の2020年度時点の全地域全業種15万418社。ゾンビ企業を含む

調査結果

  1. ゾンビ企業の属性分析
    ・売上規模は「1億~5億円未満」(構成比44.4%)が最多。ゾンビ企業の3分の2が年商5億円未満の中小企業。従業員規模は20人以下が約7割
    ・業歴別にみると、「30年以上」が全体の7割超
    ・「売上高経常利益率」の平均は▲3.59%と倒産企業の▲4.07%に近似している。「有利子負債月商倍率」は10.39倍で生存企業(※)の約2倍に達する。「借入金平均金利」は1.26%と生存企業と同等。「現預金手持日数」は一定量を確保し、「自己資本比率」は1.24%と辛うじて資産超過を維持。つまり、利払い能力のないゾンビ企業の経営課題は収益力向上と債務削減
  2. ゾンビ企業率の分析
    ・業種別では、最も高いのは「小売業」(17.4%)
    ・地域別では、「東北」(16.0%)、「中国」(13.3%)が高い
    ・取引金融機関別では、「信用組合」(13.8%)、「政府系金融機関」(12.5%)が高い

出典:帝国データバンク

関連記事