(株)オーケーエー2022/8/1 事業を停止し、破産手続き

  1. 倒産情報

~コロナ禍のパチンコホール集客低迷が影響~

 (株)オーケーエー(TSR企業コード:200233114、法人番号:3110001009753、新潟市中央区近江2-20-38、設立1992(平成4)年2月、資本金500万円、金子勝浩社長)は、8月1日までに事業を停止し、破産手続きを築留康夫弁護士(西村あさひ法律事務所、東京都千代田区大手町1-1-2、電話03-6250-6200)に一任した。
負債総額は約40億円。

 パチンコ・スロットおよび部品・備品の販売、メンテナンスを手掛けていた。新台に加えて中古台も取り扱い、新潟県内のパチンコホールのほか、群馬県や長野県、東京都などにも販路を形成。2020年1月期には売上高21億8738万円を計上していた。
しかし、コロナ禍の影響でパチンコホールの集客が低迷し、2021年1月期の売上高は15億9661万円に急減した。コロナ関連融資の調達などで凌いでいたが、2022年1月期も好転の兆しは見られず、同期の売上高も約15億5600万円にとどまり、赤字を計上。実質的な債務超過に陥り、資金繰りも限界に達し、今回の措置となった。

出典:東京商工リサーチ

関連記事

大興製紙株式会社の倒産情報

はじめに大興製紙株式会社は静岡の製紙業を行っています。新型コロナウイルスでの関連倒産で会社更生法の適用を申請しました。負債140億円超。申請代理人はときわ法律事…

  • 40 view