歯科クリニック経営(医)幸歯ノ会 2022/9/30破産申請

  1. 倒産情報

~一時は歯科クリニックを全国に展開~

幸歯ノ会が運営していた歯科クリニック

 (医)幸歯ノ会(東京都港区北青山3-11-7、設立2010(平成22)年3月、理事長:佐藤幸司氏)は9月30日、事業を停止し、神戸地裁への破産申請を川畑貴史弁護士(弁護士法人菰田総合法律事務所、福岡市博多区博多駅前2-20-1、電話092-433-8711)ほか2名に一任した。
負債総額は9億447万円(2021年8月期決算時点)。

 秋田県大仙市内で歯科クリニックとして個人創業後、2010年3月に(医)鳳珠会の商号で法人化した。「できるだけ抜かない、削らない、痛くない、歯を残す」治療をモットーとして「みちのく政宗デンタルクリニック」などの名称で秋田県や宮城県内、関西地区、東京都内などに歯科クリニックを開業した。
積極的な展開で一時は全国に13カ所のクリニックを有し、2021年8月期は売上高8億7179万円をあげていた。しかし、事業拡大の一方で開院費用の負担などから採算は低迷、近年は赤字決算が続き債務超過に陥っていた。
こうしたなか、2020年8月に創業者が理事長を辞任し、以降、短期間で理事長が複数回交代した後に2021年12月に現理事長が就任した。その後、2022年3月31日には現商号に変更、同年4月1日付で大仙市内から現地へと移転していたが、今回の事態となった。

関連記事