医業経営コンサルティングアイテック(株)2022/10/17東京地裁に民事再生法の適用を申請

  1. 倒産情報

~急速な為替変動に伴う大幅な損失~

アイテックの入居ビル(TSR撮影)

 アイテック(株)(TSR企業コード:291752233、法人番号:5010001000159、中央区日本橋堀留町2-1-3、設立1981(昭和56)年5月、資本金4億8000万円、関丈太郎社長)は10月17日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全・監督命令を受けた。
申請代理人は和田正弁護士(桜川協和法律事務所、港区虎ノ門1-21-19、民事再生担当窓口:電話070-7517-0836)ほか。監督委員には岩崎晃弁護士(岩崎・本山法律事務所、中央区八丁堀4-1-3)が選任された。
負債総額は債権者216名に対し約132億円。

 病院の開設に伴う計画や構想など、医業向けの経営コンサルティング会社。設立当初は、独立行政法人国際協力機構(JICA)を通じて、イラクをはじめとする海外の病院建設などのコンサルティングを展開していたが、海外情勢の悪化などから国内向けに主軸を移してきた。
国内病院向け案件の増加や、電子カルテシステムの更新支援などにより、2021年4月期には売上高145億4156万円を計上。さらに2022年4月期もコンサルティングが堅調だったほか、「新型コロナウイルス」感染対策に関係する施設の整備なども請け負い、売上高は161億6445万円まで伸長していた。
しかし、国内の公的医療機関のコンサルティング料の入金は年間1回だったため、回収サイトの長期化などから恒常的に手元資金が不足していた。また、国際的なコンサルティングについても政情不安などの影響を受け、入金の遅れも発生し、厳しい資金繰りが続いていた。
こうしたなか、ドル建て決済の海外案件で急速な為替変動に伴う大幅な損失が発生。関係先との協議を進め、スポンサー支援を前提とした民事再生手続きを選択した。

関連記事

大興製紙株式会社の倒産情報

はじめに大興製紙株式会社は静岡の製紙業を行っています。新型コロナウイルスでの関連倒産で会社更生法の適用を申請しました。負債140億円超。申請代理人はときわ法律事…

  • 61 view