映機工業(株)2022/07/20東京地裁より特別清算開始決定

  1. 倒産情報

~「EIKI」ブランド、過去には16mm映写機シェアで世界一~

映機工業の本社(2021年10月撮影)

 映機工業(株)(TSR企業コード:570019478、法人番号:1120001061251、伊丹市寺本6-23、登記上:東京都港区浜松町2-2-15、設立1954(昭和29)年3月、資本金4800万円、代表清算人:川端清治氏)は7月20日、東京地裁より特別清算開始決定を受けた。
負債総額は約30億円。

 液晶コンピュータプロジェクターや大型リアプロジェクションシステムなど、映像機器の販売を手掛けていた。かつては「EIKI」ブランドの映像機器メーカーとして高い知名度と業界屈指のノウハウを有し、世界各国へ製品を輸出。16mm映写機で世界一のシェアを誇った実績もあり、2003年3月期には売上高113億2847万円をあげていた。
しかし、搭載部品のモジュール化が進んだことで価格競争力が低下したほか、製品自体の低価格化の影響もあり、その後の売上高は減少した。2012年3月には経営合理化の観点から自社生産を終了し、製造業務から撤退。同年7月以降は国内販売を中止し、海外販売が主体となっていた。
この間、支払利息や開発費償却負担などから赤字を散発し、金融機関からの借入などで凌いでいたが、2019年3月期には売上高が約16億5000万円にまで減少し、金融債務の負担が重荷となっていた。以降、バンクミーティングを開催し、返済リスケジュールを要請していたが、その後も業容縮小に歯止めがかからず、2021年3月期は売上高約3億5100万円にとどまり、約1億円の赤字を計上した。2021年8月には日本国内でのアフターサービスを終了、同年12月に株主総会の決議により解散し、今回の措置となった。

出典:東京商工リサーチ

関連記事