D-LIGHT株式会社 2021/11/01自己破産を申請

  1. 倒産情報

LED照明・リチウム蓄電池開発、製造
自己破産を申請
TDB企業コード:989235754

負債213億7059万円

「東京」 既報、D-LIGHT(株)(資本金1億1000万円、中央区銀座1-8-2、代表鬼倉達矢氏)は、11月1日に東京地裁へ自己破産を申請した。

 申請代理人は野間自子弁護士(千代田区内幸町2-1-4、三宅坂総合法律事務所、電話03-3500-2742)ほか3名。

当社は、2006年(平成18年)6月に設立。当初は債権買取および買取代行業務などを主業としていたが、2010年11月にLED照明の開発業務に業態を変更。外部に製造を委託するファブレスメーカーとして、LED照明およびリチウム蓄電池の開発・製造、販売を手がけていた。大手高速道路会社のグループ会社と高速道路灯をはじめ、各種LED照明を共同開発し、「ELREY DLIGHT(エルレイディライト)」のブランド名のLED照明は、2011年に公益財団法人日本デザイン振興会によるLED照明球分野でのグッドデザイン賞を受賞するなど高い評価を得ていた。その後、取引先の取扱商品の変化などにより、徐々にリチウム蓄電池の販売にシフト。当社公表によると、北海道胆振東部地震に伴うブラックアウトを背景に防災需要が高まり、公共施設向けの受注が増加した2019年3月期には年売上高約250億円を計上していた。

 しかし、2020年に入り、取引先との間で不明朗な取引があったことが噂されるなど、信用不安が高まるなか、今年7月上旬に事業を停止していた。

 負債は債権者約105名に対し約213億7059万円。

参考資料・出典
帝国データバンク:https://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4833.html

関連記事

渡辺自動車が負債30億円で破産

はじめに株式会社渡辺自動車は2020年8月31日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請しました。その半年後の2021年2月15日は名古屋地裁からの破産手続きの開始…

  • 395 view