(株)メディファーマ 2023/12/20 東京地裁より破産開始決定

治験データの改ざんなどにより厚生労働省から立入検査を受けていた

 (株)メディファーマ(東京都港区)は12月20日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には楠本維大弁護士(楠本法律事務所、千代田区平河町1-3-2)が選任された。
負債は現在調査中。

治験施設支援機関(SMO)として、治験実施体制の構築や治験に関する同意の取得補助など、治験コーディネーター(CRC)業務を主体に手掛け、医療機関などから治験業務を受託し実績を重ねていた。

しかし、公益通報により2023年8月、厚生労働省の立入検査が実施され同年10月、同省の立入検査の結果、治験データ改ざんなど複数のGCP(臨床試験の実施の基準)違反が確認されたことが公表された。これにより信用が大きく低下し、動向が注目されていたところ、今回の措置となった。

※(株)メディファーマ(TSR企業コード:300051697、法人番号:7010401103550、港区芝5-31-19、設立2012(平成24)年12月)

出典:東京商工リサーチ

\不払いのリスク回避の事前対策を/

売掛金の損失リスクの回避の対策をしていますか?

取引信用保険の活用事例を無料プレゼント >>

 

関連記事

大興製紙株式会社の倒産情報

はじめに大興製紙株式会社は静岡の製紙業を行っています。新型コロナウイルスでの関連倒産で会社更生法の適用を申請しました。負債140億円超。申請代理人はときわ法律事…

  • 256 view