<速報>人手不足に対する企業の動向調査(2022年9月)

  1. 倒産情報

加速する人手不足感 企業の50.1%と半数超、コロナ禍で最大
~ 「旅館・ホテル」は正規・非正規ともに60%超で高水準 ~

はじめに

人手不足と感じる企業が、ついに半数を上回った。2022年9月時点における正社員の人手不足企業の割合は50.1%となり、2019年11月(50.1%)以来2年10カ月ぶりに5割を上回り、新型コロナウイルスの感染拡大後としては最大となった。2020年4月に発出された1回目の緊急事態宣言では、経済活動がストップしたことで人手不足も一時的に緩和され、29.1%まで急激に低下した。その後、徐々にウィズコロナが定着し、景況感も上向くなかで人手不足割合も20ポイント近く上昇。こうした流れに歯止めがかからず、ついに半数超を記録した。

非正社員についても同様の傾向が見られ、30.4%となりコロナ禍で初めて3割を上回った。2020年4月時点(15.2%)と比較すると、人手不足企業の割合は倍増している。

■調査期間は2022年9月15日~9月30日。調査対象は全国2万6,494社、有効回答企業数は1万1,621社(回答率43.9%)。なお、雇用の過不足状況に関する調査は2006年5月より毎月実施しており、今回は2022年9月の結果をもとに取りまとめた
■本調査の詳細なデータは、景気動向オンライン(https://www.tdb-di.com)に掲載している

調査結果

  1. 正社員の人手不足割合は50.1%、非正社員は30.4% ともにコロナ禍(2020年4月以降)で最大
  2. 正社員は「情報サービス」が71.3%でトップ、「旅館・ホテル」では正規・非正規ともに60%超で高水準

出典:帝国データバンク

関連記事

渡辺自動車が負債30億円で破産

はじめに株式会社渡辺自動車は2020年8月31日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請しました。その半年後の2021年2月15日は名古屋地裁からの破産手続きの開始…

  • 395 view