有効求人倍率7カ月連続で上昇、7月1.29倍 失業率横ばい

  1. ニュース

厚生労働省が30日発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は1.29倍と前月に比べて0.02ポイント上昇した。7カ月連続で前月を上回った。持ち直しの傾向が続くが、新型コロナウイルスの感染拡大が本格化する前の水準には届いていない。総務省が同日発表した完全失業率は2.6%で前月と同じだった。

有効求人倍率は全国のハローワークで仕事を探す人1人あたり何件の求人があるかを示す。倍率が高いほど職を得やすい状況となる。

景気の先行指標とされる新規求人数は前年同月比12.8%増え、新規求人倍率は2.40倍と前月から0.16ポイント上がった。今後の消費回復への期待などから、業種別では宿泊、飲食サービスの伸びが大きい。運輸・郵便、製造業も増えた。

就業者数は6755万人と前年同月比で2万人減った。4カ月ぶりに減少した。

出典:日本経済新聞

関連記事