野邊山観光株式会社に破産手続き開始決定がなされる

  1. 倒産情報

はじめに

長野県の野邊山観光株式会社が令和3年4月16日に東京地裁から破産手続きの開始の決定を受けました。負債は70億6000万円ほど。住所は南佐久郡南牧村野辺山矢出原217-1、破産管財人はさきくさ総合法律事務所、元ゴルフ場の預託金の管理業務を行っていました。

野邊山観光株式会社とは

野邊山観光株式会社は1980(昭和55)年4月に設立した「清里アーリーバードゴルフクラブ」の運営を八ヶ岳山麓野辺山高原で行っていましたが、2009年ごろにゴルフ場の運営は別会社に移管、その後はこのゴルフ場の預託金の管理業務に特化する形で事業を行ってきました。

ただ近年はゴルフ場の利用客が伸び悩んで業績が低迷していました。このため預託金の返還請求の対応が困難になってきました。さらに返済の見通しも経たなくなったところから、令和3年3月29日に自己破産を申請していました。

ゴルフクラブの営業は継続

負債は債権者2500名に対しておよそ70億6000万円程度です。また「清里アーリーバードゴルフクラブ」の営業は運営会社によって現在も継続しています。この案件に対する問い合わせは令和3年4月26日から専用ダイヤル03-6260-6885で受け付けます。

参考資料・出典
帝国データバンク:https://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4786.html

関連記事