冨士印刷株式会社 2023/01/01事業停止、自己破産申請へ

昭和21年創業の印刷業者
新型コロナウイルスの影響
事業停止、自己破産申請へ
TDB企業コード:200257242

負債42億6300万円

「東京」 冨士印刷(株)(資本金4000万円、千代田区神田三崎町3-4-10、代表秋元裕氏)は、1月4日に事業を停止し、事後処理を金井暁弁護士(千代田区麹町2-3、大知法律事務所、電話03-6261-2501)ほか4名に一任、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1946年(昭和21年)4月に創業し、67年(昭和42年)7月に法人改組された印刷業者。首都圏の印刷会社からの下請受注を基本として商業印刷物を中心に、インライン加工や定期刊行物印刷・製本を手がけていた。神奈川県、埼玉県にも拠点を有し、業歴も長く大手印刷業者を中心に相応の受注を確保。大口得意先からの受注が堅調で、新規開拓も積極的に進めた2007年6月期には年売上高約53億2000万円を計上していた。

しかし、消費者の紙離れが進む中で雑誌関連を中心とした受注が低迷、新型コロナウイルスの影響もあり業容が縮小していた。不採算となった工場を閉鎖するなど事業の再編に注力していたが、印刷需要の減少に伴って売り上げが減少し、コロナ禍での受注減も相まって2022年6月期の年売上高は約22億円にダウン。業績回復のメドも立たないなかで、制度融資などで凌いでいたものの原材料費の高騰も相まって資金繰りが急速に悪化、今回の事態となった。

負債は2022年6月期末時点で約42億6300万円。

出典:帝国データバンク

\不払いのリスク回避の事前対策を/

取引先の企業信用レポートは日々更新されています。

最新の企業信用レポートを取得はこちらから >>

取引先との与信限度額ご存知ですか?

取引先与信限度額アドバイスはこちらから >>

 

関連記事

大興製紙株式会社の倒産情報

はじめに大興製紙株式会社は静岡の製紙業を行っています。新型コロナウイルスでの関連倒産で会社更生法の適用を申請しました。負債140億円超。申請代理人はときわ法律事…

  • 97 view