株式会社亜細亜管財 2021/11/24特別清算を申請

  1. 倒産情報

車プランテックグループの持ち株会社
建築設計業務、関係コンサルティングを手がけるプランテックグループの持ち株会社
特別清算を申請
TDB企業コード:988838306

負債50億5300万円

「東京」(株)亜細亜管財〈旧商号:(株)プランテックアソシエイツ、資本金3000万100円、千代田区紀尾井町3-6、代表清算人岸田登氏〉は、2021年11月24日に東京地裁へ特別清算を申請していたことが判明した。

 当社は、2005年(平成17年)9月に設立。多数の受賞歴を有する著名な建築家である大江匡(ただす)氏が創業した大江都市建築設計事務所を法人化した(株)プランテック総合計画事務所(TDB企業コード:983345759)や簡易宿泊施設「ファーストキャビン」を運営していた(株)ファーストキャビン(TDBコード:989272856、2020年4月破産)などをはじめとするグループ会社の持ち株会社として、グループ会社の経営企画や戦略立案業務、総務、経理、人事等の事務業務を受託するほか資金の貸し付けを行い、2020年3月期には年収入高約11億3900万円を計上していた。

 しかしこの間、2020年1月に大江匡氏が死去したほか、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により当社が出資していた (株) ファーストキャビンが急激な業績悪化により、同年4月24日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けていた。このため、中小企業再生支援協議会が介入し、金融機関に対し返済猶予を要請するなど経営の立て直しを進めるなか、2020年12月1日付で新会社の(株)プランテック(TDB企業コード:155058158)を設立。2021年6月1日に(株)プランテック総合計画事務所を合併すると同時に、吸収分割により当社の建築事業に関する権利義務を新会社の(株)プランテックに承継した後、当社は同年10月29日に商号を現商号に変更するとともに、同日株主総会の決議により解散していた。

 負債は2021年3月期末時点で約50億5300万円だが、その後変動している可能性がある。

出典:帝国データバンク

関連記事