マレリHDが決算公告、既存債務の返済条件の変更は2029年6月末まで

  1. 倒産情報

 マレリホールディングス(株)(TSR企業コード:022746064、さいたま市、以下マレリHD)の2021年12月期(単体)の最終利益は6,351億3,400万円の赤字で、純資産はマイナス4,415億1,800万円で債務超過に転落していたことが11月8日、わかった。同日、マレリHDが決算公告した。関係会社株式評価損が響いた。通常4月に発表していた決算公告が大幅に遅れていた。

マレリHDは事業拡大や新型コロナの影響で経営が悪化。事業再生ADRによる再生を目指していたが、一部の金融機関が同意せず、7月に民事再生手続きにおける簡易再生を申請。事業再生計画が可決され8月、再生手続きが終結した。
再生計画は、金融債務4,301億円の債権放棄や253億円の借入債務の株式化のほか、既存借入金債務は2029年6月29日まで返済条件が変更された。一連の金融支援は、2022年12月期で4,554億円の純資産の増加に寄与する。
同時に発表したマレリ(株)(TSR企業コード:291139833、さいたま市)の2021年12月期(単体)は売上高2,186億7,100万円(前期比1.7%増)、営業利益116億7,600万円の赤字(前期160億8,300万円の赤字)、当期純利益3,955億4,400万円の赤字(同282億1,400万円)で、当期純利益では4期連続の赤字だった。
なお、同期末時点の現預金は、マレリHDが91億7,400万円、マレリが53億1,800万円だった。

出典:東京商工リサーチ

関連記事